【ロマサガRS】白薔薇は何が強いのか?最大覚醒させたメリットを紹介!

シェアする

ロマサガRS,白薔薇,強い,回復

ストーリー7話が実装されて、敵がかなり強くなりましたね。

手動ならばマヒでクリアしやすいですが、オートだと結構大変です。

そんなストーリー7話で、白薔薇がかなり重宝しているので、使ってみての白薔薇の強みを解説していきます。

チョコレートボールと再生光も最大覚醒したので、その使い勝手も紹介していきます。

スポンサーリンク

白薔薇の強み

回復力の高さ

私の白薔薇のステータスがこんな感じです。

ロマサガRS,白薔薇,強い,回復

「スタイルレベル35」

「再生光ランク99」

現時点で「再生光」が550~600位回復します。ODなら700~800以上回復するのでほぼ全回復です。

1回の回復術でこれだけ回復してくれると、回復する→すぐ倒される→また回復、、という嫌なループが大幅に少なくなりますね。

瀕死状態から一気に最大HP近くまで回復することができるのは、かなり心強いです。

ちなみに私のゆきだるまやウンディーネの回復はおよそ300~350位です。

回復術優先度が高い

白薔薇は「全力オート時」に「回復術を優先的に」使ってくれます。

これは白薔薇の術の構成のおかげです。

  • BP5 チョコレートボール
  • BP7 再生光
  • BP15  超風

白薔薇は攻撃術よりも、回復術の方がBPが高いです。

そして「全力オート時は消費BPが高い方」を優先して使うという条件があります。

つまり、BP7以上かつBP14以下ならば、「再生光」を使ってくれます。

覚醒していればBP5以上BP14以下ですね。

たとえばウンディーネは回復術よりも攻撃術の方がBPが高いので、

「回復が欲しい場面」で「スコールやウォーターガン」を撃ってしまうということがよくあります。

それが白薔薇ならば、BP5以上という条件だけなので「回復が欲しい場面で使ってくれやすい」です。

2重回復になりにくい

この白薔薇の回復優先度と、他の回復役を組み合わせると「2重回復」(同じ味方を2人で回復すること)をしにくくなります.

白薔薇は回復出来るけど、他の回復役は攻撃している、ということが起こるからです。

白薔薇の回復だけで充分なのに「2重回復」してしまうと勿体無いので、「回復術優先度の違い」が役立ちます。

もちろんその時のBP次第なので、回復が被ってしまい事はあります。

状態異常回復

これは言うまでもないですが「再生光」には「状態異常回復」がついています。

7話では「状態異常を使ってくる敵」がかなり増えましたね。マヒ、睡眠、混乱、毒など、

7話の時点では「状態異常」を「わざわざ回復するほどでない」ですが、この先必要な場面が増えてきそうです。

白薔薇以外にも「状態異常回復手段」は増やしてきそうですが、高い回復力に加えて状態異常回復まで出来るのは貴重ですね。

低コスト全体攻撃が強い

私の白薔薇で「チョコレートボール」が1,500くらいのダメージです。

7話では敵のHPが高い上に、複数で登場する敵が多いです。

1ターン目だけでなく、2ターン目以降も全体攻撃が有効ですね。

つまり「全体攻撃」が刺さりやすいです。

1体へのダメージは少ないですが、複数体をジワジワ削っていけるので結構頼りになります。

さらに消費BPも少ないので、「回復術の邪魔をしない」のも大きなポイントです。

全体デバフ

チョコレートボールはBP4(覚醒)で連発しやすいうえに「素早さデバフ」を全体に付与出来ますね。

いままでは通常の雑魚戦ではデバフの意味がない印象でした。(デバフを撒いてもすぐ倒してしまうので)

ただ、7話では敵のHPがものすごく高いです。雑魚戦とはいえ、1ラウンドに結構な時間がかかります。(時間がかかる分、デバフの意味がある)

そんな時に「1ターン目に敵全員にデバフを撒ける」のはなかなか貴重です。

素早さデバフがどれくらい影響しているか?は数字的にはわかりませんが「少しでも敵より早く動きやすくなる」というのは重要ですね。

被ダメージを減らすことにつながるので。

白薔薇は長期戦に強い

さきほども書いた通り、雑魚敵のHPがかなり高くなってきています。

火力だけで押し切るのは難しいので「回復」しつつ戦っていくことになります。

そんな時に白薔薇は

  • 他の回復役よりも1,5倍以上の回復力
  • デバフも付与できる
  • 低コスト全体攻撃
  • 状態異常回復
  • HP,BPの自己回復

とかなり優秀な性能になっています。

しかもまだ1スタイルしか出ていません。

新しいスタイルで「使いやすい単体攻撃術」が追加される可能性も高いでしょう。

ロックブーケはマヒさせて被ダメージを減らすことが出来ますが、白薔薇は被弾しても再生光で一気に回復させられます。

私はロックブーケを持っていなかったので、白薔薇を引けて助かりました。

手動でのクエストクリア自体はいなくても問題ないですが、この2体のどちらかがいると「オート周回」がかなりやりやすくなると思います。

術を最大覚醒してみた結果

ロマサガRS,白薔薇,覚醒,回復

私はチョコレートボールはBP4、再生光はBP5まで覚醒しています。(超風はしていません)

その使い勝手について書いていきます。

再生光が「BP5」であることのメリット
  • BP9以上あれば3ターン連続で使えます。
  • BP7以上あれば2ターン連続で使えます。
  • BP6でもBP回復アビ次第で2ターン連続で使えます。

味方が2人倒れたとしても、白薔薇が即死レベルの攻撃をもらわない限りは、高い回復力で毎ターンひとりずつ蘇生していきます。

数回連続で「再生光」を使えるので、パーティ崩壊しそうな状況からの復帰力がかなり上がります。

白薔薇自身もHP回復アビがあるので、倒されにくいです。

消費BP7のままだと、BP10の状態からでも2回連続は使えません。(BP回復アビが発動すれば2回使える)

回復術の優先度が高くなる

再生光はBP7と高めなので「BPが足りない」ということが多いです。

「回復が欲しい場面」で「無駄にチョコレートボールを使っていつまでも回復できない」となりかねません。

BP5ならば、BPが足りない状況がほぼないので、ヒーラーとしての対応力がかなり高くなります。

再生光がBP5であることのデメリット(オート操作時)

再生光がBP5ということは、チョコレートボールはBP4にしないといけません。(同じBPだとオートで上の技を優先してしまうので)

その場合、BP0の時にBP回復アビが発動すると「BP4」になるので、チョコレートボールを使ってしまい「またBP0」になります。

BP回復アビ次第では「いつまでも回復してくれない」ということが起こります。

基本的にはメリットが大きい

ただ、そんな状況はそんなに多くはありません。

白薔薇は「素早さが遅い」ので「白薔薇が行動する前に敵を倒して、次のラウンドに行くことが多い」ためです。

そのおかげで、ラウンドをまたぐたびに、BPを余分に回復しますし、「チョコレートボールもBP4」なので、「1ターンにBP1ずつ」しか減っていきません。

基本的にはBPに余裕があるので、BP0からの「BP回復ループにはまる」という状況がまず少ないです。

個人的には「ピンチからの復帰力が上がった」ので最大覚醒してよかったです。

4-6-10の法則は?

オート周回時の「4-6-10」の法則に当てはめるという考えもありますが、BP回復アビがありますし、回復術も味方が膝をついていないと詠唱しないので、結局ずれてしまいます。

それなら消費BPを少なくして「回復できる機会を増やす」ほうが良いのではと思います。

「4-6-10」の法則を知らない人はコチラで紹介しています↓

>>【ロマサガRS】技・術覚醒の優先順位とオススメ。「オート周回用の覚醒の仕方」を解説。

まとめ

いままで、ろくに回復役を育てていなかった私にとっては、白薔薇はかなり役立っています。

この間書いたバレンタインキャラの性能予想記事では、「白薔薇は優秀だけど、現時点ではかみ合うクエストがない」「先を見るなら引いた方が良いけど、いまは必要ない」

と書きましたが、7話やバレンタインのネズミが思ったよりも強くて、しかも「白薔薇」がかみ合いやすいクエストでした。

いまでは7話のクエストをオート周回する際には、ほぼ白薔薇を入れています。

長々と書いてきましたが、一応白薔薇が必須というわけでもないですし、覚醒もこれが正解とは限りません。

覚醒はやり直しがきかないので、ひとつの例として参考になればうれしいです。

>>【ロマサガRS】武闘会300周の成長比較とHP770までの育成の流れを紹介!

>>【ロマサガRS】8話ベリーハードのオススメ周回場所と周回のコツを解説します!

>>【ロマサガRS】無課金のジュエルの使い方を解説。ガチャ、スタミナ、ピース

>>【ロマサガRS】BP12以上の「最大覚醒」のメリットを考えてみた。