【ロマサガRS】SSワグナス&SSタチアナの性能考察

シェアする

ロマサガRS,ワグナス,七英雄,性能

ついに「七英雄最強」ワグナスが実装されました!

ロックブーケから始まった七英雄ガチャシリーズもこれで最後ですかね。(なぜか忘れ去られたスービエさん)

ロマサガRSでは「可愛いやカッコいいに寄せたイラスト」が多いですが、「ちゃんと気持ち悪いワグナス」(褒め言葉)になっているのが嬉しいですね、圧倒的存在感です。

今回はそんな「SSワグナス」と「SSタチアナ」の性能考察をしていきます。

ガチャを引こうか迷っている人は良かったら参考の一つにしてみて下さい。

スポンサーリンク

SSワグナスの性能考察

ロマサガRS,ワグナス,七英雄,性能

ワグナスはメイン武器「槍」で、知力も高い「物理と術」の二刀流キャラですね。

腕力&知力のダブルデバフが大きな特徴。

ロマサガRS,ワグナス,七英雄,性能

ワグナスの長所

サイコバインドの開幕全体マヒ

サイコバインドはフル覚醒でBP10になり、1ターン目から全体マヒ(確率 中)を使用できます。

ロックブーケの大召雷も全体マヒですが、「最速で2ターン目」「確率 小」なので、サイコバインドはかなり強いですね。

クジンシ―もアビリティ次第では、全体マヒが狙えますが、技としての「1ターン目全体マヒ」はサイコバインドが初です。

裏道場のような、一気に大量の敵を相手するクエストで活躍しそうですね。

あとはツヴァイクの高階層でも敵の数が多い&マヒが効くので、役立ちそうです。

フレイムウィップも使えるので、単体マヒも狙えます。

アビリティのデバフ2種

サイコバインドの全体攻撃とともに「腕力&知力デバフ大」をばらまけるのも強いですね。

しかも腕力&知力デバフ 大、アビリティは「ワグナスが初」です。

セルフバーニング

セルフバーニングは今まで「エメラルド」しか覚えていなかった術ですので、ワグナスで2人目

火属性を無効化したり、物理攻撃に反撃するのは強いですが、使いどころが難しいですね。

術には反撃できないので、使っても無駄になってしまうことも少なくありません。

とはいえ貴重なカウンター技で、使えるキャラも少ないので、場合によってはセルフバーニングが輝くときが来るかもしれません。

セルフバーニングのカウンターにもデバフアビリティが付与されるのであれば、面白い使い方が出来そうですね。

通常攻撃も弱くない

術主体の技構成ですが、「武器は槍」なので「通常攻撃も弱くない」です。

術師の弱点といえば、「BP貯め時の通常攻撃が弱すぎる」ことだったので、そこがケアされているのは大きいですね。

ワグナスの短所

デバフが運に左右される

「腕力&知力デバフ」というアビリティは強いのですが、「発動するかどうか?」は完全に運です。

そして、デバフ技は持っていません。

SSジニーが「デバフ2種持ち」で、初期のころから期待されていたのですが、「デバフ技を持っていない」ということで、使いづらかったですね。

ジニーを使ってみると、デバフアビリティの発動にかなりバラつきがあります。

ボス戦なら、「単純に火力があってデバフ技を使えるキャラ」や、「技とアビリティの2重デバフキャラ」を採用したほうが安定感が高そうです。

素早さが低すぎる

せっかくサイコバインドで1ターン目から「全体マヒ」が使えるのに、素早さ補正値が低すぎます。

しかも、スタイルレベルをいくら上げても「素早さ20%」固定です。これがバグではなく、こういう性能だとしたら致命的ですね。

ロマサガRSでは、「敵より早く動いて倒し切る」ということがかなり重要なので、この素早さは大きなデメリットです。

それでも、1ターン目に使えるサイコバインドは強いと思いますが、活躍の場面が限られ、使いづらいキャラになりそうです。

オート性能が微妙?

オートでワグナスを使う場合、

  • ファイヤーボール BP4
  • フレイムウィップ BP6
  • サイコバインド BP10

となりそうです。

  • 1ターン目 サイコバインド
  • 2ターン目以降 通常攻撃とフレイムウィップのループ

全力オート周回を考えた場合、

1ターン目「サイコバインド」は強いですが、1ラウンド目の敵は「そこまで強くない」&「全員威力の高い技を使える」ので、わざわざ全体マヒを狙う必要があるかな?という印象。

全体攻撃なら、ブルーやコウメイ、クローディア、コーデリアなど「全体攻撃を撃ち続けられるキャラ」の方が使いやすそうです。

2ラウンド目以降も、マヒを狙うなら「ロックブーケやルージュ、クジンシー」を使ったほうが回数も多く打てます。

1ターン目から、よほどの強敵でHPが高い敵でないと、大きな意味はなさそうです。

ワグナスは使いどころが難しい?

サイコバインドが活躍するクエストはあると思いますが、技構成とステータスとアビリティがかみ合わない、ので使いどころが難しそうですね。

現状では「裏道場」や「手動でサイコバインドを使わせる」なら活躍できそう。

ファイヤーボールではなく「ライトボール」が使えていたら「素早さは低いけど、全体デバフを毎ターン撃ち続ける」ので面白い性能だったと思います。

素早さ補正値を縛るのなら、そこまでしても良かったのでは?

「かなり尖った性能」をしているので、今後どうなるか?はわかりませんが、現状ではやはり使いづらいですね。

SSタチアナの性能考察

ロマサガRS,タチアナ,強い,性能

ロマサガRS,タチアナ,強い,性能

タチアナは、ロマサガ3初プレイ時には、街中で追いかけまわされて、しかも仲間から外す方法がわからない、という恐怖がありました(笑)

ただ、事情を知れば仲間にしてあげたくなるキャラクターですね。

タチアナは、Aスタイルの腕力が高いので「SSがきたらヤバイ」と言われていましたが、ついにきてしまいました(笑)

タチアナの長所

腕力が高い

SSタチアナの腕力補正値は「特別高いわけではない」ですが、Aタチアナで育成した場合の「素の腕力ステータス」が「全キャラ中トップ」です。

ですので、あわせて見ると高い腕力ステータスで、さらにテンションアップⅣのアビリティも持っています。

トップクラスの火力が期待できそうです。

使いやすい技がそろっている

タチアナは必要な技をすべて持っていると言っても過言ではないです。(継承含む)

  • 骨砕き (腕力デバフ)
  • 脳天割り (知力デバフ)
  • じたばたハンマー (低コストスタン)
  • どら鳴らし (BP12威力SS)
  • グランドスラム (威力A全体攻撃)

しいて言うなら、1ターン目から使える全体技の「大震撃」があると、さらに良かったです。

同じ棍棒の高火力キャラといえば、「クリスマスジニー」がいますが、ジニーはデバフ技を持っていません。

Sスタイルとしては火力が高めの「Sウィル」も、知力デバフは使えません。

素早さが高い

SSタチアナは素早さが高く、全キャラでもトップクラスです。

その為「敵の行動前にデバフ」をかけることが出来ます

他にも、

1ターン目「通常攻撃」

2ターン目「グランドスラム」

というように1ターン必要になるとはいえ、2ターン目の最初に「威力Aの全体攻撃」を使うこともできますね。

オートが使いやすい

SSタチアナに骨砕きを継承させた場合、

  • 骨砕き BP6
  • 脱天割り BP7

となり、

  • 「アビリティのBP回復が発動すれば脳天割り」
  • 「しなければ骨砕き」

を通常攻撃と交互に使い続けてくれます。

どちらのデバフを使うかは、「アビリティの発動次第」ではありますが、火力とデバフを両立できるので、使いやすいです。

じたばたハンマーを撃ち続けるという覚醒パターンでも、安定した火力とスタンを撃ち続けられるので、素早さの高いタチアナと相性が良いですね。

優秀な技がそろっているので、非常に使いやすいです。

Sタチアナとの使い分けが出来る

SSタチアナは「火力特化」ですが、Sタチアナは「デバフ特化」のアビリティとなっているので、デバフ役に切り替えることもできます

普段の周回だけでなく、色々な場面での活躍の幅が広いです。

グランドスラムが強い

BPをためながら攻略できるクエストでは「威力A全体攻撃」の「グランドスラム」が強いですね。

特にツヴァイク高階層では「高いHP&敵の数が多い」ので、「マヒでBPをためておいて、グランドスラムで大ダメージ」というのが強そうです。

素早さが高いので「敵よりも先に使いやすい」のも相性が良いですね。

陣形相性が良い

以前は「ラピッドストリームで体術キャラを並べてサブミッション」で充分なことが多かったですが、

最近は水鳥剣を使う敵が多かったり、パリイや精神上げ目的で「鳳天舞の陣」を使ったりと、「ラピッドストリーム」以外の陣形を採用する機会が増えています

そうなったときに素早さがもともと高い上に、陣形の素早さ補正が火力に影響しない「タチアナ」(棍棒)は強いですね。色々な陣形に採用しやすいです。

タチアナの短所

別スタイルが期間限定

SとAタチアナが「期間限定スタイル」なので、いまはもう手に入りません。

そうなると、

  • 骨砕きが使えない
  • Aスタイルで腕力育成が出来ない
  • Sスタイルのデバフ特化スタイルが使えない
  • 威力SSどら鳴らしが使えない

とデメリットが大きいです。

他スタイルがそろっているなら欲しい!

「AとSスタイルを持っている」なら「ぜひSSも欲しい」ですね!

ただ、逆に他スタイルを持っていないなら、「そこまで狙う必要はなさそう?」です。

今回挙げた長所は「他スタイルを持っていることが前提」で、SSタチアナ自体は、シンプルな「火力と知力デバフ」のキャラなので。

「他のキャラで代用が効く」という人が多いと思います。

セキシュウサイ&ケルート

ケルートは「Sスタイルとしては意外と火力がありそう」ですね。火力アビリティがそろっています。

この2人の今後の追加スタイルを期待する方は、今のうちに育てておきたいところ。

まとめ

今回は「クセがあるガチャ」ですね。

「強いけど使いどころが難しいワグナス」「他スタイルが欲しいタチアナ」

ワグナスは活躍の場面があるかもしれないですし、タチアナもスタイル復刻があるかもしれません。

わかりやすい強キャラではないですが、今後の展開次第では化ける可能性はあります。

私は「ハーフアニバーサリー」が気になるので、単発ガチゃだけで様子見をしていきます。

ただ、性能関係なく、ワグナスがかなりカッコいいので、欲しくなりますね。

以上、今回の記事が少しでも参考になればうれしいです。

「ハーフアニバーサリー」もまもなくなので、楽しみですね!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする